外国人と賃貸トラブル発生!?その原因と対策について解説

外国人と賃貸トラブル発生!?その原因と対策について解説

近年、外国人観光客や日本に住む外国人の方が増加中です。不動産会社や賃貸の管理会社にとって、彼らは魅力的な顧客である一方で、日本に慣れていない外国人入居者による、トラブルが発生しています。

今回は、オーナーと外国人入居者との間に想定される、トラブルの原因対策について解説します。

トラブルの原因【入居前】

外国人の方との賃貸契約は、入居前からさまざまなトラブルが想定されます。契約を結ぶ前に、注意しておきたいポイントを確認していきましょう。

敷金・礼金

外国の賃貸契約は日本のように複雑でない場合が多く、敷金・礼金のような習慣がない国がほとんどです。お互いのコミュニケーション不足からトラブルに発展してしまう可能性があるので、日本で賃貸契約するときは、基本的に敷金・礼金が必要なことを伝えましょう。

契約書が多い

外国人の方が入居する場合、パスポート、勤務証明書、在学6明書など多くの書類や契約書の提出が必要です。そのため、国土交通省がスムーズな賃貸契約を進めるために、6カ国語で書かれたガイドラインを作成しています。外国人入居者との賃貸契約の際に、これを使用するといいでしょう。

口座・キャッシュカードが作れない

日本の金融機関は、外国人の方が口座やキャッシュカードを作るための審査が、とても厳しくなっています。日本語をすらすらと話せ、定職を持つ人以外は、銀行口座やキャッシュカードの作成が難しいのが現状です。口座がないと自動引き落としもできないので、家賃支払いの業務が増えるだけでなく、信用の上でも問題になるでしょう。口座・キャッシュカードを作れないことは、入居を進めるうえで、大きな壁となります。

トラブルの原因【入居後】

外国人の方との賃貸には、入居後もさまざまなトラブルが考えられます。大家さんとのトラブルが発生しないように、どのような問題が生じる可能性があるのかを事前に想定し、対策を行いましょう。

騒音

外国人の中には日本で暮らした経験がなかったり、文化を理解していなかったりすることから、自国の習慣で振る舞うケースがあります。そのため、マンションなどの音が響きやすい物件で、賑やかにパーティを開いたり大声で歌ったりなどの騒音が、大きな問題となっています。

夜間に他の住居者を考慮して、声や音を控えめにする配慮をしない人がいるのも現実です。しかし、自国との文化が違うことが原因なので、悪意がないことも少なくありません。

ゴミ出し

外国人の入居者を受け入れたときに、よく挙がるのが「ゴミ出し」問題です。ゴミの分類や曜日を考慮せずにゴミを出してしまい、物件の近隣住民が迷惑を受けるケースがあります。国によってはゴミ収集や分別の仕組みがなく、種類別に細かく分類し、地域毎に決まった曜日にゴミを出すという経験を初めてする人も多くいます。

家賃滞納

家賃滞納は、賃貸物件を経営する上で最も避けたい問題です。外国人の入居者の中には定職を持たない人もおり、家賃を払ってもらえず、連帯保証人も連絡がつかないというケースがあります。このような事態を避けるためにも、連帯保証人の身元確認や保証会社に加入させるなどの対策が必要です。

許可のない同居

外国人入居者を受入れているときに起こりうる問題の一つとして、いつの間にか契約者とは違う不法就労者が同居していたという事例が挙げられます。不法就労者は賃貸を契約することができないので、すでに契約している知人を頼って住みついてしまうケースが多いからです。不特定の不法就労者が住み着くことは、近隣住民とのトラブルや騒音問題に発展する可能性があるので、注意してください。

トラブルを防ぐための対策

トラブルを未然に防ぐためには、どのようなことを心がければ良いのでしょうか。多くの問題は外国人入居者が日本の文化・習慣を知らないことが原因で発生します。理解不足を防ぐために、契約前に細かい説明を行い、理解してもらうことが大切です。

入居前の細かい説明

日本と外国人入居者の住む国は文化・習慣が大きく違うと考えた方がいいでしょう。比較的、考え方が似ている国もあれば、まったく異なる国も多く存在します。トラブルを回避するためにも、できるだけ詳しく説明しましょう。

■騒音問題の対応方法

騒音・ゴミ出しなどの問題は、近隣住民とのトラブルにつながり、物件の評判を落としかねない重要な項目です。夜間や昼間でも不必要に大きな音や声を出すことは、日本の文化では受け入れられない、近隣住民が嫌な思いをすることを、きちんと説明する必要があります。

■ゴミ出しの対応方法

決まった出し方に違反したゴミは、収集車に回収されず残ってしまいます。鳥や猫などに荒らされて、近隣住民がイヤな思いをすることなど、分別しなかったときのリスクについても説明しましょう。また、それらの生活に関するルールだけでなく、物件の契約上重要なことについても詳しく伝える必要性があります。

■契約の問題について

敷金・礼金の存在だけでなく、家賃の滞納や契約者以外の不法労働者を同居させるなどの行為は、日本では禁止されており、契約違反になってしまうことをきちんと説明しましょう。また、万が一それらに同意できないときや、違反が発生したときのことを考えて、契約を解除することも契約内容として明記し、その旨を契約者に伝えておかなければなりません。

タブレッド型通訳サービスの導入

自国の言葉以外に、英語、フランス語、スペイン語などが公用語として用いられている国もありますが、日本は日本語しか公用語とされていない、ある意味特殊な国です。言葉の壁を感じるのは日本人だけでなく、外国人入居者にとっても、言語的な障壁があることを理解するべきでしょう。

入居者の出身国の言語に堪能な場合は問題ありませんが、こちらが日本語や曖昧な英語で、正しく伝えたつもりでも相手は理解していなケースが想定されます。間違いなく伝えたい場合は事前に翻訳し文章にしておいたり、タブレッド型通訳サービスを導入したりするなど、言語上のトラブルを防ぐ対策が必要です。

外国人入居者とのトラブルを避けるために

外国人入居者の中には、文化・習慣が大きく異なる方もいるので、十分な入居前の説明が欠かせません。今後人口が少なくなる日本において、外国人入居者は無視できない顧客になると考えられます。外国人入居者とのトラブルを未然に防ぎ、良い関係を築いていきましょう。

資料請求・お問い合わせ

ライブ通訳に関する資料請求、サービスの詳細、ご質問などお気軽にお問い合わせください。





ご入力いただきました個人情報は、当社「プライバシ-ポリシー」に基づいてお取り扱わせていただきます。
必ず内容を確認いただき、同意の上ご送信ください。