外国人観光客が日本に求めるものとは?トップ5をご紹介!

外国人観光客が日本に求めるものとは?トップ5をご紹介!

ビザの緩和や格安エアライン数の増加、アジア諸国の経済成長などの影響で、近年増加している外国人観光客。国籍の割合の変化やリピーター客の増加により、外国人客が日本に求めるものも変化してきています。

今回の記事では、外国人客が日本に求めるもの、期待していることの傾向や、それに対して国内で行われている対応などについてご紹介していきます。

「外国人客が求めているもの」とは?

観光庁の調査では、外国人客が日本に求めていることのトップ5は以下のようになっていました。

  • 1位:日本食を食べること
  • 2位:ショッピング
  • 3位:自然・景勝地観光
  • 4位:繁華街の街歩き
  • 5位:温泉入浴

以下から、それぞれの項目について詳しくご紹介します。

参考:観光庁『訪日外国人の消費動向』

1位:日本食を食べること

まずは、第1位の「日本食を食べること」について詳しく見ていきましょう。

海外で広がる日本食人気

近年、日本食ブームが広まる海外。ブームのきっかけは、寿司味噌汁などの日本食が、油を使わないヘルシーな料理として注目されたことでした。日本食ブームはさらに広がり、現在では鉄板焼きラーメンなど、ヘルシーな料理のみに限らず、さまざまなメニューが人気を集めています。

異なる食文化への配慮が大切

外国人観光客が多い地域の飲食店やホテルでは、日本食を伝えるとともに、異なる食文化をもつ方への配慮が必要です。豚肉や牛肉を除いた料理を用意する、使用されている食材を複数言語で表記する、料理の食べ方を説明するなど、日本食を最適な形で楽しんでもらう工夫をしましょう。

2位:ショッピング

2位にランクインしたのは、テレビやネットで「爆買い」として取り上げられることもある、「ショッピング」です。

日本製品の爆発的人気

以前は日本らしいお土産や和風小物が人気でしたが、最近はやや傾向が変化してきました。現在人気が高いのは、日本のお菓子お酒医薬品などです。

さらに、日本製の家電製品も、その品質の高さから注目を集めています。空港内の免税店で家電製品が多く購入される、日本限定のブランド品を求めて、デパートや家電量販店に外国人客が集まるといった現象が起きています。

多様な支払い方法や免税への対応

気軽に立ち寄れるコンビニや日本限定のブランド品を扱うデパート、食品・菓子・医薬品などの人気商品を全て扱うドラッグストアでは、とくに外国人客への対応の強化が求められます。

クレジットカード電子マネー仮想通貨などの多様な支払い方法への対応や、免税手続きへの対応などを進めることで、さらなる集客が見込めるでしょう。

3位:自然・景勝地観光

3位は日本の「自然・景勝地観光」です。四季によって表情が変化する日本の自然は、海外でも注目を集めているようです。

季節によって異なる人気の観光地

世界遺産である富士山は日本の名所として海外でも広く知られており、登山や富士山周辺の観光が人気です。その他、日本の紅葉を目当てに訪れる人も多く、寺社仏閣と桜や紅葉を同時に楽しめる京都は、外国人客からの人気が高くなっています。

地方の観光地・名所の認知度を上げてさらなる集客を

地方の景勝地や観光地は外国人客からの認知度が低いケースが多く、まだまだ観光客は少ないのが現状です。SNSやホームページなどを利用し、地方の観光地情報を海外に向けて発信することで、さらなる訪日客の獲得が見込めるでしょう。

4位:繁華街の街歩き

4位は「繁華街の街歩き」です。街歩きは1位の「日本食を食べること」や2位の「ショッピング」にもつながりやすく、インバウンド対策においてさまざまな可能性を秘めているといえるでしょう。

多様化する「街歩き」の形

近年は旅行先で写真を撮影し、SNS上に公開して楽しむ方が増加してきました。日本旅行も例外ではなく、訪日客が「日本らしい」と感じた風景や、面白いと感じた風景を写真におさめるケースが多くなっています。

多言語化・通訳サービスの充実がカギ

街歩きでは、外国人客自身が自由に散策できることや、地域の人々とのコミュニケーションも求められる傾向にあります。複数言語で書かれた地図の設置、周辺地域・施設での通訳サービスの導入など、観光しやすい環境を整備しておくことで、外国人客の人気を集める効果が期待できます。

5位:温泉入浴

5位は、近年外国人客からの注目が集まっている「温泉入浴」です。

少しずつ高まる温泉人気

日本の温泉人気は高まる傾向にあり、アジア圏の国々からのお客様は、その多くが温泉に入浴してみたいと考えています。温泉の中でも、外の景色をゆっくりと眺められる露天風呂はとくに人気を集めているようです。

温泉の「マナー」を正しく伝える

海外の方にとって、日本の温泉文化は馴染みのないもの。当然、入浴方法マナーを知らない方も多くなっています。はじめて温泉を体験する外国人客が困らないよう、入浴方法を外国語で説明できるスタッフを雇用したり、マナーを分かりやすく紹介したポスターを用意したりすると親切です。

外国人客からの温泉人気については、こちらの記事で詳しく紹介しています。
興味のある方は、ぜひこちらも読んでみてください。
外国人観光客に温泉が人気?海外の反応&各施設の対応とは!

外国人客のニーズを知り、「日本らしさ」を伝える

現在はインターネットの普及や、海外で日本文化を紹介される機会の増加により、外国人客が日本に求めるものや、「日本らしさ」を感じるポイントに変化が起きています。日本国内の店舗や企業では、外国人観光客の動向やトレンドをいち早く把握し、新たな施策を立てていくことが重要といえるでしょう。