人口減少が見込まれる日本において、訪日外国人観光客は観光業や販売業など、消費の要として重要な存在になっています。政府も日本政府観光局を世界各地に設置するなど、インバウンドに力を入れてきました。訪日外国人観光客の動向を把握することは、インバウンド市場を盛り上げていくために欠かせません。

今回の記事では、訪日外国人の平均滞在日数来訪場所消費額について解説します。

訪日外国人観光客の平均滞在日数

観光庁のデータによると、2017年の外国人の平均滞在日数は9.1日でした。国・地域別にばらつきはありますが、フィリピンやベトナム、インド、ロシアでは、長期滞在者の割合が他の国や地域に比べて多いため平均泊数が長くなっています。しかし、観光・レジャー目的で日本に訪れる外国人観光客の6割が6日間以内の短期滞在者です。特に韓国は若者の短期滞在が多いため、他の国より平均滞在日数が短くなっています。

参考:訪日外国人消費動向調査

宿泊先はどこが多いのか?

訪日外国人が日本に訪れたとき、どの形態の宿泊先に泊まることが多いのでしょうか。宿泊施設の業態別にみていきましょう。

ビジネスホテル

ビジネスホテルは日本人だけなく外国人観光客にとっても、一番身近でかつ手頃な利便性の高い宿泊施設です。洋室が多いため、外国人客にとってもストレスが少なく、くつろぐことができます。観光庁の調査によると、平成29年にビジネスホテルの客室稼働率は、調査開始以来最高値の75.4%を記録しました。また、外国人来日者の約8割が洋室中心のホテルに滞在しており、比較的安価なビジネスホテルは外国人旅行者に人気があることがわかります。

参考:平成29年宿泊旅行統計調査

リゾートホテル

同調査によると、リゾートホテルの客室稼働率も、調査開始以来最高値の57.8%を記録しました。ここでも、外国人観光客の約8割が洋室中心のホテルに滞在しているので、洋室が多いリゾートホテルを宿泊先に選ぶ外国人客が多いようです。

旅館

旅館の稼働率も伸びてはいますが、訪日外国人の宿泊先としては19.2%と、ビジネスホテルやリゾートホテルと比べると少なくなっています。一方で、日本でしか泊まれない旅館は、一部の外国人宿泊客から密かな人気を集めています。中国や韓国から訪れる観光客だけでなく、ヨーロッパから来日した観光客も1~2割が、旅館に宿泊しています。プロモーションの方法を工夫することによって、更なる集客が見込めるでしょう。

その他

旅館やホテルなどの宿泊施設の他にも、外国人旅行客の増加につれて、カプセルホテルやドミトリー、民泊などの需要が高まっています。これらの宿泊施設を利用する最大の魅力は、安価で利用できる点です。格安で宿泊できるこれらの施設は、外国人観光客にとって魅力的といえるでしょう。

滞在日数と消費の関係性とは

滞在日数と訪日外国人の消費行動には、大きな関係があります。滞在日数が短い場合と長い場合に分けて、彼らの消費行動について解説します。

滞在日数が短い場合

滞在日数が短い訪日外国人観光客が訪れる都市は、東京や大阪・京都などの主要都市に集中する傾向にあるようです。これは主要な空港や交通機関からのアクセスが良く、有名な観光地が集中しているため、短期間に集中して回るには便利な立地であることが関係しています。滞在日数が少ないと、その分滞在中の旅行消費額が減ることに、つながってしまうのです。

滞在日数が長い場合

滞在日数が長い訪日外国人観光客は、大都市だけでなく地方都市にも訪れています。時間に余裕があるので、多少移動に時間がかかっても、観光客が多く訪れる場所ではなく、もっといろいろなロケーションを訪問したいと考える観光客が多いからです。滞在日数が増えることで都市間の移動だけでなく、食費や宿泊による消費活動も促進できます。

過ごしやすい街作りのために

滞在日数が増えると、外国人観光客の消費を伸ばしたり、日本の地方都市を訪問したりしてもらえるチャンスが増えます。そのためにも、彼らが過ごしやすいと思える環境、町づくりを進める必要があるでしょう。

フリーWi-Fiの導入

SNSの発達により、インターネットのアクセスは欠かせないものになってきました。ネットに長期間アクセスできないと、メールチェックなどもできず人によってはストレスを感じてしまいます。また、観光スポットまでの電車やバスなどの検索にも、インターネットの接続が必要です。フリーWi-Fiが使用できる環境を整えることで、外国人観光客が過ごしやすくなるでしょう。

多言語・多言語表記対策

外国人観光客が日本を旅行する上で、大きな壁になるのが言語です。日本は、多言語表記の看板が少なかったり英語を不得意に感じたりする人が多いので、欧米やアフリカに比べても言語面での不自由さを感じやすい環境にあります。彼らに日本での滞在時間をストレスなく楽しんでもらうために、タブレッド型通訳サービスを導入することで、スムーズなコミュニケーションがとれるようになるでしょう。

外国人観光客の滞在日数を増やすために

訪日外国人観光客の平均滞在日数は9.1日ですが、短期滞在者が全体の6割を越えているのが現状です。彼らの滞在日数を増やすことは、消費の拡大だけでなく、地方都市に足を伸ばすことにもつながると期待できます。ストレスなく日本での旅行を楽しんでもらえれば、滞在日数が増え、再来日のチャンスとなるでしょう。