日本には世界各国から多くの観光客が訪れていますが、その割合の多くを中国人旅行客が占めていることはご存じでしょうか。

今回の記事では、中国人旅行客の特徴と、これから中国人旅行者の数を増やすために必要な対策などについてまとめました。

中国からのインバウンド数

訪日外国人旅行者数が増加している日本には、アジア諸国やヨーロッパ圏などさまざまな国から、多くの旅行者が訪れています。その中で最も訪日旅行者の割合が多いのは、人口が世界一を誇る中国です。

全体の4分の1を占めている

訪日外国人観光客のうち、中国からの旅行者は、全体数の4分の1を占めており、日本の観光先進国への発達に大きく貢献してきました。その要因として、中国の経済成長による富裕層増加や、日本の中国に対する観光ビザの要件緩和などにあるとされています。

そんな中国人観光客にスポットをあてることで、インバウンド事業において高い経済効果が狙えるでしょう。

参考:日本政府観光局(JNTO)

今後も増加が予想される

近年、経済成長が著しい中国では、「海外旅行」自体の需要が高まる傾向にあるようです。今後も海外旅行者が増加していくとされており、それに伴い、訪日外国人旅行者の数も増加する可能性が高くなっています。治安が良く安全な日本を好む中国人旅行者は多く、今後も彼らによる観光経済の増加が期待できるでしょう。

中国人観光客の特徴

中国人観光客をより多く日本に呼び込むためには、彼らの特徴を知り、それに合わせた施策を立てていくことが重要です。ここでは、訪日中国人観光客の主な特徴について見ていきます。

旅行消費額が高い

中国人観光客は他の国に比べ、旅行消費額が圧倒的に高い傾向にあります。ニュースで「爆買い」という言葉が話題になったこともあるため、ご存じの方も多いかもしれません。2017年に行われた観光庁の調査によると、この年の中国人客の旅行消費額は4,114億円で、旅行消費額全体の36.1%を占めています。

中国人観光客は家族や親族といった同胞に対する気持ちが強い傾向にあり、「家族のためにお土産を大量に購入しよう」という意識が働き、それが爆買いに繋がっていると考えられています。

参考:観光庁『訪日外国人消費動向調査』

団体旅行が多い?

以前は、団体旅行が多いことが、中国人観光客の大きな特徴の一つでした。中国の旅行会社が安価な日本ツアー商品を提供していたことが、その主な理由だと考えられています。

しかし最近では、訪日旅行を個人手配する方の割合も増加してきました。その要因として2017年、中国政府が旅行会社に向け、日本への団体旅行を減らすように指導したためとされています。

さらに中国人観光客を増やすための対策

団体で日本に訪れ、お土産や家電、美容品を大量に購入していく中国人観光客は、日本の観光収入に多大な影響を及ぼします。今後も中国人観光客の数を増やすためには、日本が中国という国を理解し、どうしたら中国人観光客が楽しみやすい環境を作れるか考えることが大切です。

中国のネット規制を理解する

中国では厳しいネット規制が行われており、国外のWebサイトが閲覧できず、FacebookやTwitterなどのSNSも利用できないなど、国民が国外の情報を得ることに対して高い壁が存在しています。
そのため、中国では国内で圧倒的なシェアを誇る検索サイトやSNSが発達し、そのコミュニティの中でさまざまな情報交換が行われています。インターネットを介して日本の観光情報を中国に伝える際には、国際的なネットサービスではなく、中国独自の情報サイトで宣伝を行う工夫が必要です。

「旅行博」のアピール

中国では、海外旅行に対する博覧会「旅行博」が多く開催されています。このようなイベントに出展し、日本の観光について広報活動をすることも、中国からの観光客増加を狙う効果的な対策の一つです。旅行博には中国の航空会社や旅行会社の関係者が訪れるため、ここでのアピールに成功すれば、インバウンド集客に効果が現れる可能性が高まります。

中国語表記の充実

中国人観光客を増やすには、すでに訪日している中国人客に、より過ごしやすい環境を提供することも必要です。そこで重要視されるのが、中国語表記の充実度。
中国から訪れる観光客の中には、日本語や英語が話せない方も多くなっています。そのため、看板や地図などに中国語表記がないと、行きたい場所が見つけられなかったり、注意書きが読めずにトラブルを起こしてしまったりするケースがあります。

このような状況が続くと、日本の魅力を味わえないまま、帰国する方が出てきてしまうかもしれません。中国人観光客の新規参入やリピーター率を増やすためには、中国人客が自国の言葉でコミュニケーションできる場を増やすことが重要です。

中国人客をターゲットにして集客を成功させる

繁華街や観光スポットで目にすることが多い中国人客は、日本のインバウンド集客数を底上げする可能性を秘めた、重要な存在です。今後も日本の訪日外国人旅行者数を増加させ、観光先進国としての認知を深めるためには、割合の多い中国人旅行者に満足と利便性を提供し、その数を増やしていく施策が必須ですね。