日本食を楽しむために日本を訪れる外国人旅行者は、年々増加しています。その一方で、日本の飲食店で外国人の方々が困ったり、戸惑ったりする問題も増加中です。

そこで今回は、外国人観光客が気持よく食事を楽しめるよう、飲食店で起こる問題とその対策について解説します。

困ること1:注文の仕方がわからない

訪日外国人旅行者が日本の飲食店で困るのが「注文の仕方が分からない」という問題です。

日本は便利さを追求する傾向にあるので、一般の飲食店でも店舗によって、さまざまな注文方式を導入しています。それらに慣れていない外国人観光客にとって、「複雑で分かりにくい注文方式」と捉えられてしまう可能性が高いのです。
では、どんな注文の仕方が、外国人観光客にとって分かりづらいものなのでしょうか。

ベルで呼ぶ

ファミレスなどで多く導入されている「呼び鈴・ベル」は、鳴らすことで店員に「用事がある」と伝えられる非常に便利なシステムです。しかし、外国人旅行者にとっては使い慣れないシステムであるため、「どうやって呼ぶのかわからない」という問題が発生しやすくなります。

外国人観光客を席にご案内した際には、「ご注文の際はベルを押してください」としっかり説明し、ベルにも分かりやすい表示をしておくといいでしょう。

券売機

日本では当たり前の「券売機」を使用した前払いシステムですが、海外にはこういった注文方式はほとんど存在しません。そのため、券売機を前にして「どうやって何を注文すればいいのか分からない」と、困ってしまう外国人観光客が多くなっています。

券売機には多言語表記で案内をつけ、外国人観光客が来店した際には、積極的に案内や説明を申し出るようにするといいでしょう。

困ること2:何の料理かわからない

次いで訪日外国人旅行者が困るのは、料理の種類が分からないという問題です。特に日本を初めて訪れた方々は料理の種類や味、食べ方など、分からないことばかり。注文しても食べられなかったり、口に合わなかったりしたらどうしようと考えると、注文に戸惑ってしまうケースもあります。

外国人観光客にスムーズな料理の案内ができるように、彼らが戸惑うポイントをチェックしておきましょう。

文字だけでは料理がわからない

日本料理店で多い文字だけのメニューは、外国人観光客にとって「どんな料理なのか分からない」と難解です。そもそも日本語が読めなければ、メニューを理解することさえできないでしょう。

日本の趣を演出するためのメニューは、日本旅行を楽しむ上で欠かせないものですが、実際に料理を選んでもらうときは、英語表記や写真が載った分かりやすいメニューを用意して、料理に対するイメージを付けやすくするといいでしょう。

味が想像できない

写真を見てもそれがどんな料理で、どんな味付けをされているのかが分からないと、味が想像できないという点も、外国人観光客が困ることの一つに挙げられます。

日本には納豆や梅干しなど外国人の方が苦手な食材も多くあるので、なるべく詳しく伝えることが大切です。メニューには「どんなものを使っているのか、味付けの種類・甘いか辛いか」などを分かりやすく表記して、味のイメージが伝わりやすい工夫をしましょう。

困ること3:食べ方がわからない

訪日外国人旅行者が日本の飲食店で困るもう一つの点は、「食べ方が分からない」という問題。食べ方が分からない、と言われても日本人にしてみれば、よく分からないかもしれません。しかし、これは日本人特有のサービス精神から生まれた問題点なのです。

調味料が多い

日本の飲食店では、自分で味の好みを変えられるよう、テーブルに塩・こしょうや七味、醤油などたくさんの調味料が用意されています。

本来は食べているうちに味に変化がほしいときや、最初から薄味だと感じたときに使うものですが、日本を訪れた外国人旅行者にとっては、「いつ使えばいいか」「使うべきなのか」と悩んでしまう原因になります。調味料立てには「○○におすすめ」や「味を変えたい時に」等の説明を付け足し、スタッフも該当する料理を運ぶ際には、一言説明を付け加えると、迷うことなく料理を楽しんでもらえるでしょう。

通訳サービスの導入を検討する

外国人観光客が悩みがちな日本の飲食店での問題について見てきましたが、これらの対策を案内表記や日本語接客だけで行うのは難しいのが現状。そんな日本の飲食店業界で役立つインバウンド対策システムの一つが、「タブレット型通訳サービス」です。このサービスは遠隔通話で、タブレットを介して通訳が受けられるので、注文や料理の説明、その他のコミュニケーションをスムーズに行えるようになります。通訳サービスは英語だけでなく、中国語や韓国語など複数の言語にも対応しているので、増加する多言語圏からの旅行者への対策にも活用できます。

日本食を楽しんでもらうために

日本が誇る日本食を説明不足のストレスなく楽しんでもらうために、言葉による障害をなくして接客のレベルもアップさせましょう。そのためにも、外国語メニューの準備や通訳サービスの導入などを検討してみてはいかがでしょうか。