インバウンドのクレジットカード対策!日本での消費を増やすために

インバウンドのクレジットカード対策!日本での消費を増やすために

世界中で需要が増えているクレジットカード決済ですが、日本は諸外国と比べて普及率が高くありません。しかしカード決済はインバウンド市場において、大きな影響力を持っています。日本旅行での消費額を増やすためには、カード決済がしやすくキャッシュレスで買い物や食事が楽しめる環境を作る必要性があるでしょう。

今回は、インバウンドにおけるクレジットカードの必要性と、日本が抱える課題についてご紹介します。

クレジットカード決済の需要は増えている

クレジットカードの普及率は、世界的に増加傾向にあります。アメリカや韓国、中国などでもクレジットカードや決済アプリの普及が広がり、現金を使わないキャッシュレス派の人口が増えています。インバウンド業界でクレジットカードが重要視されるようになった理由は、他にどのようなものがあるのでしょうか。

外国人観光客の消費量が増えている

日本におけるインバウンド集客の増加に伴い、消費額が増加していることが、クレジットカードの需要が高まっている理由の一つです。外国人観光客の増加によって、キャッシュレス派が多い外国人客の消費額が増えれば、同様にクレジットカードの需要も増加するでしょう。

買い物を目当てに来日している

観光や文化の体験だけではなく、「ショッピング目当て」で来日している旅行者がいることもクレジットカードの必要性を高めています。特に経済発展が著しい中国からは、日本で大量の化粧品や家電を購入する「爆買い」を目的に訪れる方も多くなっています。このような方々は爆買いで使うお金は現金で用意せず、クレジットカードを使用するケースがほとんどです。このことから、爆買いによる観光収入にはクレジットカード決済が欠かせないといえるでしょう。

日本の現状

一方、日本のクレジットカード使用率は全体の1割程度といわれており、現金での支払い好む国民が大半を占めています。このような理由から、日本ではカード決済の利用環境があまり整っていません。

カードが使えないお店が多い

大型店舗やチェーン店ではカードが使える店舗が増えていますが、小型店・個人店には、いまだにカード使用不可の店舗があるのも事実。カード決済端末を導入すると店舗に一定の手数料がかかるため、小規模な店舗では利用しにくい面もあります。しかし、海外からの旅行客が利用するお土産屋や飲食店などでカード決済が使えないと、売り上げの増加を阻むことになりかねません。

カードが使用できるかがわからない

クレジットカードが利用できる店舗でも、「クレジットカードを利用できるのかがわかりにくい」「決済方法がわからない」という問題点があります。

レジの表記が分かりづらい、目立つ所にカード使用可の案内がないなどの理由で、訪日外国人観光客がカードの使用に戸惑うケースが多くあるのです。その結果、決済に時間がかかったりスムーズに手続きが行えなかったりと、店舗側に悪影響を生じさせます。時間に限りがある旅行者に快適なショッピングを楽しんでもらうためにも、カード決済を導入している店舗では、早急な改善策が必要といえるでしょう。

今後の課題

カード決済に対する問題を抱える日本において、どのような課題を改善していけば、カード決済を行う外国人観光客にとって親切な環境を作れるのでしょうか。

カード決済を導入していない、導入しているが使用状況が悪い、という店舗は以下のポイントを参考に対応してみましょう。

表記をわかりやすく

何よりも、「クレジットカード使用可能」という表示がなければ、カード決済の利用は始まりません。レジには分かりやすく「クレジットカード使用可」の文字と、どの会社のカードが使えるかの表記をつけましょう。

加えて、日本語だけではなく英語・中国語・韓国語などの多言語表記で説明や案内を付ければ、日本に訪れるさまざまな国の旅行者に対応できます。

通訳サービスの導入

決済は金銭のやり取りになるため、細かな説明を受けたいと思う外国人客も多いはずです。免税関係の案内などは専門用語が多いので、対応が難しいこともあります。

クレジットカード決済を導入する際は、同時に多言語対応している通訳サービスの導入を検討してみてはいかがでしょうか。今はタブレット式の遠隔通訳サービスや電話通訳サービスなど、リーズナブルに通訳サービスを利用できる商品が豊富に提供されています。レジに専門のスタッフがいなくてもスムーズに外国人接客が行えれば、インバウンド消費の強いサポートとなるでしょう。

クレジット決済でインバウンド対策を!

クレジットカードは、現金を持たずに買い物ができる便利なアイテムです。日本は世界的にも治安が良いといわれている国なので、街中で現金を持ち歩くことに不安を感じる人は少ないかもしれません。しかし、スリや強盗などが多い諸外国では、今後もクレジットカードの需要が高まるでしょう。

この波に乗ってインバウンド消費の恩恵をより多く受けるためにも、店舗へのカード決済の導入と、お客様と取引をスムーズにするための通訳サービスの導入が重要となるでしょう。

資料請求・お問い合わせ

ライブ通訳に関する資料請求、サービスの詳細、ご質問などお気軽にお問い合わせください。





ご入力いただきました個人情報は、当社「プライバシ-ポリシー」に基づいてお取り扱わせていただきます。
必ず内容を確認いただき、同意の上ご送信ください。