年々増加傾向にある訪日外国人観光客のニーズを満たすためには、多言語対策は必要不可欠です。多言語対策をしっかり行うことでリピーター客が増え、インバウンド市場の活性化につながります。では、多言語対応とは具体的にどのようなものを指し、どういったメリットがあるのでしょうか。

今回は多言語対応によるメリットと、どのような対策が考えられるかについて解説します。

多言語対応が必要な理由

訪日外国人観光客にとって、なぜ多言語対応が必要なのか、その理由について考えてみましょう。

日本滞在時間を快適に過ごしてもらうため

海外旅行をしたことがある方ならば、言葉が伝わらなくて歯がゆい思いをしたことがあるのではないでしょうか。外国ではただでさえわからないことだらけなのに、言葉が通じないとストレスを抱えてしまいます。訪日外国人観光客に日本で快適に過ごしてもらうためにも、多言語対応は必要不可欠なのです。さらに旅行先で現地の人とコミュニケーションが図れたという経験は、旅行者にとって何にも代えがたい貴重な思い出となります。

多言語対応によるメリット

多言語対応にはさまざまなメリットがあります。多言語対応を行うことのメリットとその理由について見ていきましょう。

リピーター客になってくれる

多言語対応をしっかり行うことで、外国人観光客に「日本は旅行しやすかった」と印象づけることができます。日本にプラスのイメージを持ってもらうことで、訪日観光のリピーターになってくれる可能性が高まるのです。またそのインバウンド客が日本のファンとなり自国で日本の良さをアピールしてくれれば、さらなるインバウンド客を呼び込むといった効果も期待できます。このように多言語対応をすることで得られるリピーター率の増加やファンによる波及効果は大きく、多言語対応はインバウンド市場にとって欠かせない要素の一つといえるでしょう。

消費の拡大につながる

誰しもよくわからない商品やサービスを受けようとは思いません。例えば、レストランでのメニューが日本語表記しかないケースでは、日本語がわからないとどれを注文すればいいのかわからず、食べたいという意欲も湧きづらいでしょう。多言語表記に対応していると料理のイメージが湧くのでわかりやすく、外国人観光客の消費拡大が期待できる可能性があります。また小売店では外国人観光客に人気の商品などを多言語表記しておくことで、商品の詳細な情報がわかりやすく購買意欲の増加につながるのです。客層や客数の向上といった効果も期待できるでしょう。インバウンド客による売り上げアップを狙うなら、多言語対応をしない手はありません。

コミュケーションの充実

旅行の醍醐味ともいえるのが、現地の人々とのコミュニケーションではないでしょうか。ちょっとしたことでも現地の人と意思疎通が図れるだけで、外国人観光客の日本に対する印象は変わっていきます。外国人観光客と現地日本人のコミュニケーションツールの一つとして、多言語対応は有効なのです。

インバウンド客対応の効率化

多言語対応を行うことによって、外国人観光客に対応する業務を効率化することもできます。外国語がわからないスタッフの場合、外国語で話しかけられても内容を理解するまで時間がかかり、対応が遅れがちに。例えば、免税カウンターやトイレの場所などを多言語表記でわかりやすく表示しておくだけで、それらの質問に何度も答える手間を省くことができます。インバウンド客への対応をスムーズに行い効率的に業務を行うためにも、多言語対応は必要になってきているのです。

多言語対策

では、いま日本に求められている多言語対策とはどのようなものが挙げられるのでしょうか。

タブレッド型通訳サービスの導入

専任のオペレーターが24時間365日待機しているので、いつでも通訳サービスを利用可能でタブレット1台で、複数の言語に対応できるといったメリットがあります。また通訳者を現地に召集するためにかかるコストも削減可能です。最近は翻訳アプリの精度も向上していますが、やはり顔を見て疑問があればすぐ通訳オペレーターに確認できるという点が、ユーザーに安心感を与えると考えられています。

多言語表記

公共施設や交通機関では地図や案内板などの多言語表記が増えてきましたが、それでもまだ十分な対策ができているとはいえません。英語や中国語に加え、韓国語やタイ語などアジア諸国の言語への対応が必要です。また飲食店や小売店では、多言語表記に対応している店舗が少ないというのが現状。メニューやインバウンド客向けの商品などに多言語表記を加えることで、外国人観光客の購買力アップにつながります。外国人観光客に日本を楽しんでもらいインバウンド市場を活性かさせるためには、さまざまな観光スポットで多言語表記が求められているのです。

インバウンド対応には多言語対策が必須

インバウンド市場のさらなる拡大を狙うには、多言語対策が必要不可欠です。タブレット型通訳事業の利用や多言語表記などへの対応をすることで訪日外国人観光客により良い観光サービスが提供でき、結果としてリピーターになってくれる可能性が広がります。